低金利ローン

 

低金利ローン

当サイトおすすめ画像

モビット

少しでも安い金利で借りたいという人にお勧めなのが低金利ローンです。
しかし低金利ローンは誰でも簡単に利用できるローンなのでしょうか。
まず、低金利ローンは大きな限度額の場合に限るとしていますから、数万円から10万円借りたい程度の融資を希望している人には対応できません。
低金利ローンを利用したければ、大きな融資金額が必要になります。

 

低金利ローン

大きな融資金額を利用したいのならば、それだけの属性がなければなりません。
なので、低金利ローンを申し込むには勤務体系が正社員であることが望ましいです。
そして勤続年数3年以上が良いでしょう。
大きな融資金額の返済目処がしっかりと建てる人でないと低金利ローンは利用できないという訳なのです。

 

さらに低金利ローンは通常のキャッシングよりも審査が厳格に行われる傾向が強いため、審査に落ちてしまう確立が高いと言われています。
キャッシング会社はお客様からの金利で利益を得ていますから、そう簡単に金利を下げることはできません。
その大事な金利を安く提供する代わりに、審査を厳格に行うのです。
このように低金利ローンを利用するにはいろいろな条件をクリアする必要があり、面倒に感じてしまう人も多いと思います。
しかし、具体的に金利の差を見てみると低金利ローンの凄さを実感出来ると思いますので、以下に例を出してみました。

例)300万円 30日間利用の場合
金利12% → 300万円×12%÷365日×30日=約29,589円
金利4.5% → 300万円×4.5%÷365日×30日=約11,095円
金額の差18,494円です。

上記の金利12%というのは、クレジットカードのキャッシングではよく見かける数字です。
便利だからといって、クレジットカードのキャッシングで高額融資をすると、支払う金利はとんでもないことになります。
具体的な数字を見れば低金利ローンの凄さがよく分かると思います。
高額の融資を希望する場合は安易にクレジットカードのキャッシングを利用せず、ぜひ低金利ローンを扱うキャッシング専門会社に申し込んでください。

※キャッシングで失敗しないための金利※
キャッシングはリスクを伴います。キャッシングにおけるリスクとは返済不能による破産です。
もちろんお金の管理が大事なことは言うまでもありませんが、金利が高いと利息が増えていくのでリスクが高くなります。
金利によってどれくらい支払総額が変わってくるのかを調べる事は、実はそう難しくありません。
シミュレーションのプログラムがあれば、数字を入力するだけですぐに確認できます。
プログラムを探してダウンロードしてもいいですが、シミュレーションが設置されているサイトは意外と多いのでそこにアクセスすれば調べることができます。
利息が増えると単純に支払い額も増えますが、問題なのは支払いの延滞が続いた場合です。
キャッシング契約時には延滞時の条件についても記載されています。
ほとんどのキャッシングについて、もし支払いを延滞した場合には延滞利息がかかります。
この金利は年利20%であることが多いです。つまり、延滞した返済額については、利息が倍以上つくことになります。
金利についてそれ程気にしなくていいケースは、借り入れ額が少ない場合と、返済期間が短い場合です。
この場合は多少利率が変わっても支払総額はあまり変わりません。金利を気にすべき時は、返済期間が長い場合と、延滞が発生した場合です。
返済期間が長いほど、利息に与える影響は大きいですし、延滞した時はすぐに完済ができる状況なのかを判断する必要があります。
出来ない場合には金利の低い所へ借り替えるなどの処置を早急に行う必要があります。

借入おすすめサイト

日経ネット
http://www.nikkei.com/markets/index.aspx
今日の市場の動向がわかる!日経新聞のマーケット情報サイトです。

 

主婦 キャッシング
http://www.playconference.org/
主婦でもキャッシングでお金が借りられます!収入なしの専業主婦が借りられるキャッシングも紹介しているサイトです。